チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

あんた、だれ? 

問題の花柄は道にポタンと落ちていた。



何だろ?
おそらくこの3つにパカンと裂けた殻の中に、実のようなものが入っていたと思われる。

問題は裂け方。

もしこれが、5裂だったらツリバナだけど

IMG_8177.jpg

4裂だったらマユミだし、
2裂だとコマユミ?

いずれも六甲で、ちょくちょく見かける植物だが、今年はなぜか、お目にかかれてない

ま、今年のマユミはねぇ、、もう終わったで、、
というのも、ある種、頷けるけど。(笑)

さて!
この、マユミでもコマユミでも、ツリバナでもない朔果する植物が、いったい何モノか、
疑問を残したまま家に帰って、さっそく図鑑と対じ(^O^)/

とかいう作業に入るまでもなく、別の植物をチェックしてたら偶然、
あらこれ3裂! というのに遭遇した。


ゴンズイ? \(-o-)/

IMG_7421.jpg

これは、今年の9月、とある山中(笑)で、バッタリ、ゴンズイに出会った時の画像で、
六甲のものではない。

当時、私は、いわゆるゴンズイ論争(!)に巻き込まれていて(笑)
未だ私だけ、ゴンズイの実を見てないね~ん、と意気消沈、
泣いては、ドジョウを困らせていた。(何のこっちゃ!)

そのゴンズイが、六甲の、しかもこんな近くに生えていたとは、、

花柄が赤いのも、特長のようだ、、 フムフム

だとすると、前回、六甲の谷筋に大量に落ちていたこれも?

IMG_8253.jpg


もしかして、、こんなにゴンズイ? あれま、、(汗;









昨日、籾糠山でも、たくさんの真っ赤な実に会いました。

これも花柄が赤いです。

IMG_8862.jpg

しかし、実の形が、明らかにゴンズイではない。
葉っぱを見たら、おぉ!カメノキ!
失礼しました、ムシカリ、オオカメノキです。

このようにガマズミ系など、いわゆるスイカズラ科の木の花柄も、赤いようで、、

先日、六甲での「いっぱいゴンズイ」は、私の妄想、、だったのかもしれません。(^^ゞ
スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiicyann.blog114.fc2.com/tb.php/10-8d211fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。