チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

南ドイツ あらまし 

ミツがドイツのカールスルーエという町(位置的にはバーデンバーデンとハイデルベルグの間)に仕事だったので、それに同行しました。

私はミュンヘンのホテルに滞在し、3時間離れたカールスルーエには付き合いで一度だけ行ったけど、それはそれは遠かった (笑)
南ドイツのミュンヘンに居たのは、オーストリア国境の町や山に行きやすかったからで
晴れた日には山へ、それ以外の日は歴史的な町をぶらついていました。(^^ゞ

山といっても、ほとんどバスや、登山電車や、ロープウエイ、エレベーター(!)で上がるので、
登山というほどのことはなく、
ほとほとドイツ人は、歩くのがニガテなんだと思っていたら、ミュンヘンの中心街に5階建ての登山具専門店があったり、私よりも20ほど上の婆さんでも、マウンテンバイクを電車に積んで、ツーリング(サイクリング?)に勤しむ様子を何度も見ました。(笑)

画像は、その5階建ての登山具屋さん(Schuster)の5階から下を見たところ。

IMG_3255.jpg


壁が、クライミングウォールになってる。(笑)


ドイツ滞在中の天気は、必ずしも良くなかったので、
毎日、テレビの天気予報に噛りついてました。

ミュンヘン地方(バイエルン)の教育テレビ(たぶん)では、毎朝、山のライブと予報が流れます。
これが、結構、当たる確率、高い。(笑)

IMM_1220.jpg

ミュンヘンから行ったのは、日にち順に
ケールシュタインハウス(ヒットラーの別荘)

IMG_3007.jpg

ここ↑は予想以上によかった。

翌日はミュンヘン徘徊

その次は山に行く予定でしたが、例の予報がイマイチだったので、
かの有名なノイシュヴァンシュタイン城のある町フュッセン。
HPトップの画像も、この城です。

IMG_3122.jpg

翌日からは、ミツがカールスルーエに発ったので、一人でオーバーアマガウという小さな村へ。

この村は10年に一度、村を挙げて、キリストの生涯劇をやるので有名なんですが、
今年がその10年めに当たっていることを、なんと私は、テレビのワンダーワンダーで初めて知りまして、
あれまぁ、、
きっと、町は大混乱だろうから、行くの止そうか迷いながら、

たまたま劇のない日があった! と分かって、衝動行き(笑)
劇のない日は、ただの村、されど村。
村の背後にマッターホルンそっくりの小山があるのが象徴的。

IMG_3238a.jpg

この日も、予想以上に有意義でした。

翌日は、ネルトリンゲン
この町は円形の城壁に囲まれた、中世そのまんまの町です。

IMG_3278.jpg

城壁の上を歩いたり、教会の塔の上にあがったり、

IMG_3303.jpg

この日は、日本に負けないほどの猛暑で、うちわをバタバタ。(^^ゞ


そして、ミツがミュンヘンに戻ってきて、ドイツ最高峰 ツークシュピッツェ

ここは、登山電車でアイブゼーという標高1000mの湖のことまで行って、そこからロープウェイに乗って、2000m近くを一気に上がる。
着いたところは、こんな感じになっていて

IMG_3496.jpg


私はこれを、どこから撮っているか、といえば、
隣の岩稜

IMM_1146.jpg

何を隠そう! この金の十字架の岩こそが、ドイツの最高点

ところがここに行くのが、ツルンツルンで滑りまくって、もう大変だった!大変だった!

ドッと疲れたそうです、、、見てるだけで。 (^^ゞ

ちなみにHPトップの画像は、帽子だけの私。
実は、腰が抜けている、

IMM_1149a.jpg


ウソです。(^^ゞ








スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

コメント

ヒットラーの別荘

確かサウンドオブミュージックの最後 山越えをするときに皮肉にも(きっとわざと) 山の上に見えていた家ですね?
ノイシュバンシュタイン城 いつか いつかと思っているうちにおばあさんになってしまいました。 私ルィードヴィッヒさん好きなんですよね。 ちょっと狂喜の人が好きなのかしら?
チーさんのレポートを見ながら行った気になることにします。

どら #LezRqYSM | URL | 2010/07/28 22:53 * edit *

さすが! お詳しいですね。

どら様
サウンドオブミュージック、そうですよね、すぐ隣がオーストリアのザルツブルグ。国境の村です。そういえばミネウスユキソウみたいな花も咲いてました。(笑)

ノイシュバンシュタインは時間に縛られるので、外観しか見てません。以前、どこぞの宮殿を見に入ってからミツが、もう内部は見んでエエと言いました。(笑) で今回は城のビューポイントにこだわり?ました。ほんまか。

昨日、NHKの歴史秘話(だったか?)で石田光成をやっていて、歴史は作られるものだなあと、つくづく思いました。狂王で名高いルートヴィヒ2世も、政治家的には最低でしたが、それは時代の問題もあっただろうし、なんてったってワーグナーがあれほどデカいオペラが書けたんは彼のお蔭だし、、手前味噌か?(^^ゞ

レポ!レポ、 うーーん そうですかぁ、、、v-389

チー  #WcmT4hFA | URL | 2010/07/29 09:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiicyann.blog114.fc2.com/tb.php/103-5b3bd775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。