チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

あ~きちゃった! 

このところの酷暑の六甲で、連戦連敗をくり返してます、わたくし。
地面のごとく(!)マイハートも荒みまくって、凹みまくっておりました、わたくし。

もう天地両方? いや、転地療法 しか、ないやんか!
という話。

しかし、これがいざ他所へ行くとなると邪魔くさくてねぇ、、以前はこんなことなかった、

たぶん  仕事が忙しすぎるんだ! ウンウン


岩湧山なら、行ってもいい
と、計画だけは立てるから、頭の中は計画だらけ。 

けどこれがまた、邪魔くさ病で、寸でのところで立ち消えになる?、わけ。


岩湧山ならいってもいい。

という話を、な、なんと!
今度はミツが言い出して

わたしゃ 耳を疑ったけど、、こういうちっこい「ひと押し」のおかげで
今度こそ
計画倒れにならず済んで、ほんまに行けることになりました。



岩湧山は、好きな山です、、誰が何と言おうとも。(笑)

人と自然がうまい具合に提携している、気がします。

IMT_0701.jpg


朝のうち、パラパラと雨が降って肌寒く、どうなることかと誰かは気をもんでたが

誰かは、まな板に乗ったら俄然! 太っ腹になります(?)

IMM_1959.jpg

案の定、山頂に着く頃には陽も射してきて

予想よりも、ずっとたくさんの、秋の風情に会うことができました。

IMT_0705.jpg

IMT_0742.jpg

IMG_6738.jpg


私が悶々としてる間に、秋はちゃくちゃくと進んでいたようです。

いや、少なくとも、2日前までは、秋じゃなかった、、と思うけど?(笑)

黄金色に輝くススキの向こうには うっすら海!

あれ関空ちゃう?

IMT_0716.jpg


そして 弧を描いた大阪湾の向こうには、まぎれもない六甲。

IMM_2092.jpg


六甲を岩湧山から見たのは初めて(!)

感動でした、 (^^ゞ



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiicyann.blog114.fc2.com/tb.php/127-7cb73fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。