チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

愛しの「甲山」 

あれはまだ11月、だったか、
阪急電車の車窓からの甲山が、艶やかで、

今年は例年になく紅葉が早そう、とか思ってる間に、ふと気がつけば
12月になってしまってて、

ある快晴の午後、
甲山界隈に所用で行って、そこの窓越しに見た甲山が、燃えている!(火事じゃなく)

帰りにはゼッタイ寄らねば!と思ったけど、よく考えたらこういうフォーマルウェア
を着てるんですよね、こういう時に限って!(>_<)

と、この日も、携帯で遠い甲山を撮っただけだった、、

101204_1239591a.jpg

実は、毎年、晩秋の甲山を、楽しみにしてます、、私。

あぁ、それなのに、それなのに、、
今年はついに、時期を逸してしまったようで、、(T_T)


今日(日曜日) 近所のパスタ屋へお昼を食べに行きまして、、

IMG_6733_thumb.jpg




なんか、めっちゃ ええ天気やん、もったいない、
あのさ、だからさ、麓まで送ってくれる気な~い?
えっ 今から行くの?

そう、そのつもり、、ちゃっかりザックも靴も、持ってきてたりします、ハイ(^^ゞ

いーけどさ、しかし元気やなぁ
それだけが取柄ね、、女房元気で留守、、ざんす、、ワッハッハ と交渉成立、、
(中略)
ありがとう、、と、降ろしてもらって、(^_^)/~

そこからヒイヒイ登って、甲山が見えるところにたどり着いたのが13時過ぎ

けど、すでに雲が多くなっていて、こう陰ってしまっては紅葉の色も褪せてまう、、
ちゃうやん、もう、終わってるんや紅葉が!

IMG_6745_thumb.jpg


やれやれと、諦めて藪に入っていったら、なんだかまた晴れてきて
照ったら紅いかもーー!(?)

と大騒ぎ! 全速力で登っていって、、、あーしんど。(笑)

それからお世辞にも「紅葉してる」とは言えぬ甲山を、ずーっと見てた。(笑)

IMG_6759_thumb.jpg

ポットのお湯でコーヒーとか入れ、両手に挟んですすりながら、、(^^ゞ

IMG_6801.jpg


下山してたら、道に迷って遭難や!遭難や!とか喚いてはるオジサンに遭遇し
おや、そうなん? 

そのオジサンたちを、バス停のそばまで送っていって、
私は山の方に向かっていって、甲山に、またぐんと近づいて、

IMG_6818.jpg


この、お世辞にも「紅葉してる」とは言えぬ甲山↑を

根性で、紅く、撮ろぉ~じゃん! 



IMG_6825.jpg


紅くなれぇ~~~ 

そう、まさに、神がかり的?(笑)


IMG_6826.jpg

今ぞとばかり、シャッターを押しまくり~~ (笑)

IMG_6832.jpg


夕やみ迫る駅まで、やっと下りてきたら、なんと、プラットに人があふれてて、、
そうか、競馬が終わったんだ、、

しばらく時間稼ぎしよーっと、、駅前コープに立ち寄って、
ついつい余分な物まで、買ってしまう、

さすがに疲れた、、晩ごはん何にしよ?

、、あぁ、パスタはアカンよ、パスタは、 (笑)


スポンサーサイト
CM: 4
TB: 0

コメント

迷岳は登りたい山の一つなんですが、いえここは甲山でしたか・・
近くまでは行ってもなぜかタイミングがあいません。

あのあたりの林道は結構すごいものがありますが、
開いているだけましというものです。
木こりさん用の私道やから。

毎回Mちゃんコラボはすごいもんがあってうらやましい思いです。

さえ #- | URL | 2010/12/14 09:00 * edit *

迷の話ですね?

林道に木こりさん、
これは迷岳の一件ですよね?六甲にもイッケン茶屋はあるけれど(笑)

迷岳、、別の作業道からシダ刈りの作業員さんが上がってきてはりました、そっちは一般人はダメだと思うけど。
迷の林道、まだまだ検証の余地アリです、でもこれは運転しない者が言う話ではない。(>_<)

お気づきでしたか? Mさんはスーパーレディです。毎回、鍛えていただいてます、で、血が薄いと実感してます、これも毎回。v-39(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2010/12/14 09:12 * edit *

失われた時間

こんばんは、チーさん

年もだんだん押し詰まってきましたが、相変わらずエネルギッシュに、あっちこち歩き廻っておられる様子。

「ポットのお湯でコーヒーとか入れ、両手に挟んですすりながら・・・」

詩ですね~
チーさんのもうひとつの顔が、なんとなく浮かんきます。

そんな、山に対する情熱は、チーさん程にはとても及びませんが、私が山登りに目覚めるきっかけになった理由などをを少し聞いてください。

なにを隠そう(隠す必要なんて、まったくないのですが)、実は、私は山登りを始めてまだ2年。(そう、山に関してはまだヒヨコなのです)

今は都会暮らしですが、私が生まれ育ったところは信州の片田舎。
そんなことも関係していたんでしょうか、小さい頃からほんのつい最近まで、山登りをする人達を見ながら、「なぜ皆さん、汗をかきかき辛い思いをしてまで、コゾッて山へなんか出かけたがるのか?」と、半ば不思議に思いながら見ていたものでした。

が、そんな思いをあえなく打ち砕いてくれたのは、2年前の秋。
紅葉写真でも撮ろうと、実家のすぐ近くの山(標高2,000m弱)に初めて登ったときのこと。
遮るもののない笹原の頂から、南には木曽駒ヶ岳、西に御嶽山、そして北西方向に乗鞍岳と、幾多の山々が麓から聳え立つ様を目の当たりにしてからでした。(この位置関係が交わったところが、私の田舎ということになります 笑)
いつも、我が家からなにげなく見上げていた、ごく普通の山の上からは、こんなにも凄い景色が広がっていたんだと知って、もう大ショック。
私の人生観が、おもいっきり覆されたときなのでした。

ここまでの人生、その気にさえなれば、いくらでも山登りをする機会はあった筈なのに、「灯台下暗し」というのか「食わず嫌い」だったというのか、なんとも勿体ない時間を無駄にやり過ごしてきてしまったものです。

失われた時間は、あまりにも大きかったですね。

道草 #ZJc/.M/s | URL | 2010/12/16 22:34 * edit *

凝縮された時間ですよね

こんばんは、道草さん

遅いレスになってしまって、
ちょっと山に行ってまして、帰ってきたらドヒャ~と仕事。今まで一信降らん、いや、一心不乱でした。(^^ゞ

これはまた感動の秘話をありがとう!
山歴2年で鎌尾根は凄い、ご実家のすぐ近くが2000m級の山というのも凄いですが、近所のv-525だったら、ピタッと場所を言い当てるかもです。(笑)

第二の人生、、好きなればこそ、今から楽しめることも多いでしょう。
私には、向上心というものがないのでしょう、山中を歩いているだけで、幸せと思うことも多々あります。(^^ゞ

私の実家は神戸の山の中腹にあり、といっても低山ですが、家に帰る=山に登る?でした。ところが嫁いだ尼には山がない、しかも家から山は見えない、海も見えません。平地ばかりで、おかげで自転車には乗れるようになったけど買い物に出ても運動している気がしない。 
それでは鈍(なま)る一方なので、ジムに入って週2日1キロ泳いでまるでプールに枯れ木が浮いてるようと言われたり、(^^ゞ
そういう鍛え方もいかがなものかと、ある日ハタと気がついて、それまで細々とやっていた植物観察の範囲をちょっと広げて、また幸いなことに一緒に登ってくれる仲間も増えて、あっちこっち行けるようになって、今の私がございます。

道草さんとは比較になりませんが、拝見しながら、自分のことを思い出してしまいました。(^^ゞ

チー #WcmT4hFA | URL | 2010/12/17 18:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiicyann.blog114.fc2.com/tb.php/149-8c23a978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。