チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

そこからの眺め、、 

晩秋に播州へ、、

なーんてのも、ちょっと、ええんじゃないかな? とか思いまして、

いや、単に寒がりなだけで、

もう、モミジは追っかけられないし、、(^^ゞ
登った山は3つ。

御旅山(140m)

IMG_8968.jpg



それの続きで甲山(98m)

IMG_8989.jpg



場所移動して木庭山(61m)

IMG_9029_20121215103606.jpg



いや、どれもこれも、書くのをはばかられるような低山で、、

ま、それなりに俗化してるってか、
それぞれに、異なった展望を楽しめるので、地元の人には愛されているようですが

となると、ヨソモノには冷たい、っていうか、道標がない、
あるいは意図的に外されたか、すでに朽ちてしまってるか、

で、どの山に登るのにも、取り付きに戸惑いました。(^^ゞ

で、諦めてとぼとぼ歩いてたら、人の顔をにやにやと覗き込むオバサンがいて
分かりにくいけど、道はありますよと、、

あの~ 私、一言も、この山に登るなんて言ってないんですけど、
もしか、人の心が読めるオバサン? 


最後の木庭山なんて、過去にもう、しろくまさんと登ってるんですが、
それも今年の年頭だし、、(^^ゞ

でもその時は、ずっと縦走してきてたのでタイムオーバー
で、瀬戸の海を眺めて、絶壁を覗き込んで、お隣の八家地蔵さんから小赤壁を見上げた。

IMG_8168.jpg



で、その小赤壁に再来したいと思ったのでした。

モチロン、前回とは違った形で、、



その小赤壁の絶壁上で、落ちそうになってる岩、、
あれは、その名のとおり 「落ちかけ岩」というそうです。

IMG_9103.jpg




そこからの眺め、、、

IMG_9075.jpg



決死の覚悟で行きましたぁ、、(@_@;)


IMG_9067.jpg



スポンサーサイト
CM: 0
TB: --

コメント

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。