チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

荒地山 

久々に、いいお天気で暖かだったので、荒地山に行きました。

しかし、

『荒地山の魅力は、筆舌に尽くせない。』

これは
私に限って、のことですが、、(^^ゞ


高々、549m

IMG_0229.jpg


中途半端な標高で、前も後ろも山というロケだからか、
せっかく、名物岩に登っても、

どや!

ってふうには写らない、、いや、写せない。

IMG_0188.jpg


IMG_0205_20130125182428.jpg



周囲に点在する、特徴的な岩を並べたてても
それで? って感じだし、

IMG_0204.jpg

岩団子のようにしか写ってくれんし

IMG_0241.jpg


うーん、こちらには邪魔な木が、、

IMG_0242.jpg


この岩の、突先までコワゴワ行って、その先端から眺める景色
その爽快感とかスケール感は絶大! と言ってもいいほどだけど

得てして、こんなふうにしか写らず、、いや、写せず

IMG_0246.jpg



あるいは、覗き込んだら、思わずくらっ 

IMG_0245.jpg




でも、そこは天下の荒地山で、
幸か不幸か? それぞれの岩場や壁に、名前のついてるものも多く

たとえば

ブラックフェイス

IMG_0215_20130125212503.jpg



キャッスルウォール

IMG_0259.jpg


プロペラ岩

IMG_0223.jpg


黒岩

IMG_0219.jpg


岩梯子

IMG_0208_20130125212501.jpg



これら、岩上までたどり着けば、まぁ、それなりの満足感とか、達成感。

ましてや、こんな快晴の日に独り占め?
いいのかなぁ、、(^^ゞ


IMG_0178.jpg



行きの谷筋で、休憩中のオジサンに会いました。

「どこまで行かれる?」

そういうふうに訊かれるの、実は、あまり好きではない。(^^ゞ

「荒地山」


ぶっきらぼうに答えて、お先へ抜かせていただいて、、

数時間のち、ブラックフェイスの上部でバッタリ!

思わぬところで、思わぬ再会をした。


「朝も会いましたね、どこを登られました?」


こう面と向かって訊かれると、白状しないわけには、、


「道畔の東尾根、、ってヤツで。」

あ~ そうだと思った
みたいな顔つきで、オジサンはこちらを覗き込み、

「私は中俣を、でも迷いました、しばらく堰堤工事をやってたのが終わって、
 でも、すこし道筋が変わってしまって、」

「そうですか。」

ちなみに私は中俣も、堰堤工事のことも知らない。(^^ゞ

有り体に言うと、
今日、登った尾根でさえ、初めてのルートだと思ってた。

でも、帰って地図を見返して、もしやと思って、過去の画像を繰ってたら

あ~ ここ! 前にも来たぞ、、って。


それも荒地山から下山する時、普通に城山へ向かうつもりが、
いつまで下っても岩梯子が現れず
おかしいなぁ、迂回したのかなぁ、、
不安にかられて岩場を飛び下り、岩間を縫って
ガンガン下って、あれよあれよと沢に出て、

いったいここは、どこなんよ?

と、いつものようになりながら(笑) 宝泉水の前まできた。

あれまぁ、って感じに。

IMG_0167.jpg


そうか、あっこの分岐を曲がっちまったんだ。

あの時の謎が今日、やっと、解けました。(笑)





スポンサーサイト
CM: 4
TB: --

コメント

もうすっかりお元気そうで?

さえ #- | URL | 2013/01/26 07:59 * edit *

おありがとう存じまする。

まぁ、ぼちぼちですわ。

寒いのニガテで。(^^ゞ
早く、桜が咲かんかしら。(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/01/26 18:05 * edit *

ひょっとして!

この山、ハウルの動く城の一場面に登場してませんか!?

梨丸 #m.2.LkcQ | URL | 2013/01/28 10:12 * edit *

そうか!

そうそう、ハウルの動く城ですね! スンマセン、知らんのです。(^^ゞ

よかったら、一度、実物を見に来たってください。(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/01/28 11:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。