チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

あっぱれ天和山! 

天和山に行ったのは、2007年の師走
かれこれ5年も前になる。

和田発電所から鉄塔尾根を登り、滝山へと縦走したまでは良かったが
迂闊にも下山経路を間違え、モノレール沿いにガンガン下って、
ついに天ノ川の川べりまで。

決死の丸太橋を渡った先に待っていたのは、、

まさかの渡渉!

対岸の駐車地を目前にして、まぁ、このザマ! 

P1060444.jpg


あれに懲りて、MちゃんはGPSを買ったし、
かくいう私も、毎度の迷走劇を見るに見かねた方のご厚意で
今や、GPS(通称Gクン)を持たせていただいてる身分。(^^ゞ

そう!
だから今回は、あの時のリベンジとばかりに、
2台のGPSで、用意周到?
かの、天和山に再チャレする。

まさに、、鬼に金棒とはこのこと、、 (笑)

さて、当日。

前回とは違い、好天に突き刺さる鉄塔見上げ、確実に?尾根芯をとらえて登れば、
稜線に余裕で到着。

IMG_0664.jpg


目を見張る霧氷の花園に歓声上げながら

IMG_0728.jpg


こりゃ、儲けたなぁ、、とばかりに、天和山へ向かう。

IMG_5723_20130204170243.jpg


前回は、天和山から引き返して滝山に向かったけれど、

今回は、そのまま直進し
眼前の神々しい弥山、八経、稲村ケ岳など、大峰の秀峰を愛でながら
栃尾山まで縦走する。

IMG_0748.jpg




途中、激下り、激登り、ちょっとした迷い尾根などもあるが
Gクンのおかげで、難なくクリアー(ほんまか)

そして、念願の栃尾山に初登頂! 

IMG_0822.jpg


まさに絵にかいたような展開、、

そして下山。

さてさて、問題はここから!

ふつう、ここからだと坪内に下るけど、その場合、下山後の車道歩きが結構長い。

その点、眼下の谷に直下りたなら、後は谷底の林道を辿り、
1時間ほど短縮して車のとこまで戻ってこれる。

という、まぁいうたら、ちょっと姑息な手段があるのですネ、、

果たしてこういう裏ワザが、うまくいくのやら、、(笑)

ターニングポイントは鉄塔、

今、HPのトップページの画像のB面が
銀色に輝く稲村ケ岳になってるけど、それの真下に写ってる鉄塔、
あっこから下山する。


IMG_0751.jpg


しばらく藪を漕げば作業道に出るらしい、、


なるほどね
作業道、確かに出るには出たけれど、やたらめったら倒木やら草木が茂ってて
歩きにくいったらありゃしない!
ほんまにここで「作業」してんの?って。(笑)

IMG_0850.jpg




でもそこは、ほれ、長年のアレ? と度胸みたいなもんで切り抜けて、
1時間ほどで、谷底に到達。

朽ちた橋など、用心しながら必死のパッチで渡り終え

IMG_5777_20130204170243.jpg


桑の谷林道にピンポイントで下山したぁ!

素晴らし~い。\(^o^)/


しかし、ここからだった。


残るは、登山口まで1時間ほど
でも、この林道が、異様に凍ってツルンツルン

山中ではほとんど雪も融けていて、アイゼンの必要がなかったもので
まさか、ここでアイゼン出すのもシャクだわと、痩せガマンして踏んばって
どうにかこうにかクリアー

IMG_5792.jpg


お次に出たのは倒木地帯。

IMG_0868.jpg


これらはおそらく一昨年の、あのえげつない豪雨の爪痕でしょう。
いやぁ、大変な災害でしたのねぇ、、と今さらのように振り返り、

と、その時、

えっ なにこれ?

橋が、、流されてるぅ~~~~ ではないの! 

ゲーーーー どないしょぉ~~~

IMG_0869.jpg



橋がこけてるぅ~~~ 

もう、笑うしかない!

あぁこれが、 橋が転んでも可笑しい年頃ってヤツ?


しばし試行錯誤してたけれど、ザイルもないし
とうとう胆を据えまして

スパッと落ち込んでる、いわば崖を、グリあるいは尻セードで、ドドドっと降りて、
川辺に到達、、

またしても渡渉! は、幸い水が少なくて、、今回は靴を履いたまま。(^^ゞ

赤線は我らの軌跡。(笑)

IMG_0869a.jpg


しかしその後も、崩落、破壊の悲惨な林道が容赦なく
それを、ため息交じりで眺めては、
川に下りては渡渉、、の繰り返し
ホウホウノテイで林道に這い上がって、

もう、ないやろねぇ、



まさかこの先、川下の橋まで流されてたら
もうアカン、戻れん。
我らは否応なしに、ビバーグを強いられることに、、

いやーん、おうちに帰りた~い、


血の気も引く思いで林道をどんどん、どんどん下っていって
やがて、雪上に車の轍をみるようになり

えっ? ってことは、車が通れてるの?

そして、ついに集落の直前で、、看板出現、、
裏に回って、あららぁ、、

IMG_0875.jpg



こういうの、GPSにも出んのかい?(笑)

いやはや、、

IMG_0877_20130204170522.jpg

 

一時はどうなることかと、、

恐るべし天和山
いや、あっぱれ! というべきか、、ヽ(^。^)ノ

タダでは帰さん、、、



なわけで、無事です。

お騒がせしやした。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: --

コメント

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。