チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

なんで、こーなるの 

もう、買うまい、、と思うのに

ついつい、買ってしまうのが、春の青春キップ。


ミツがうどんを食べに行く以外のは、私の山用なので
花が咲くような時期になると、当然、行きたいところが重なってしまい

さて、どこに行こうか、もう、悩む~悩む~ 

さらに厄介なのが、列車ダイヤ! 




若狭高浜の青葉山は、青春キップで行ける候補の一つだが

ダイヤ改正ごとに、連絡が悪くなって


今や、家を7時に出て、7時半の電車に乗って、最寄駅の松尾寺に到着するのが11時11分
途中、福知山で1時間ほど時間待ちするというオマケ付き。

着いたら もうほぼ昼ですやんか。





そうまでしても、懲りずに行ってしまうのは、やっぱり青葉山が好きだからで
今までにも2回、青春キップで行っている。

ただ、今回との大きな違いは、いずれも同行人がいた。

同行人は時間にウルサイ、、なんでか。(笑)

しかも一回目は敦賀経由で、車に乗っけてもらって、絶景ポイントを拝ませていただきつつ
寺からスタート、で、そっちのピストンという、もう余裕の山行だった。


画像、探してきた↓(笑)

IMM_0434.jpg




前回は駅から駅まで、完全徒歩の山行だったけど、
なにせ、タイムキーパー同伴だったし、
たしか朝も、今回より30分くらい早く駅に着けたと思う。


同じ時期なのに、まだこんなに寒かったけど、、(笑)

IMG_3993.jpg


そんな、余裕しゃくしゃくだった前回、前々回に比べ、今回は私、独り。
でもま、帰りの列車は5時半だからね、、
、、ってなお気楽ムード、、のはずだった。


IMG_3332.jpg



例によって、降車してからコンビニのトイレを借りたり、目を入れたり
おにぎり買ったり

花見日和に、たらたらと

IMG_3357.jpg

その辺の花にも浮かれながら、、

IMG_3336.jpg


すっかり春色になった風景にも、心を和ませ、、

IMG_3396.jpg




たまに、あと山頂までどのくらいの距離だろう? とか思いながら、ふと
数人が下りてこられるのに出くわす。


皆一様に、こっちを見て、今からでっか?
みたいな顔をされる。

どちらからです?
訊いてくる人もいる。

痴呆で、ちゃう、地方で、声かけられるとちょっと嬉しい 

で、つい
尼からなんですぅ 青春で来たんで、こんな時間に登ってるんですぅ、(^^ゞ
へ~ 下の駅から歩かれたんですか! それはそれは、、
いやぁ、どうもどうも、、
ま、気をつけて、
ありがとうございます。


そういうことを何度か繰り返しながら、意外とキツイ、最後の登り、
そろそろお腹も空いてきた。

そういえば松尾寺手前で正午のサイレンが鳴っていたから、
かれこれもう13時頃だろうか

と、
何気に時計を見てびっくり!

なんともう、14時前だ。

一体いつの間に、こんなに時間が経ったのか、

まだ今から西峰、東峰と極め、
ご飯も食べて、再び駅まで舞い戻らねばならんのに、、

確か、途中の展望台に15時ごろなら、、と、どこかの時点で確認した覚えがあるけど
その展望台って、両峰を過ごし、そこからまだ,だいぶ下った先だから、、


とにかく急がねば!

でもう、それからは、息切れしようがとにかくダッシュで駆け上がり
西峰着が13時50分

誰もおらん、、当然ですけど。(笑)

急いでロープの垂れてる名物岩によじ登り、

IMG_3507.jpg



まずは景色や、、


IMG_3500_20130402144445.jpg



急いで下りてきて、祠のそばでおにぎり一個(おかずも食べた)

で、西峰を14時に発つ。

我ながら、信じられんほどの、速飯!



そこから東峰までは、はしごやロープ、結構な岩場を何度か通過せねばならず
幸い、もう雪はないけれど、

IMG_3526.jpg


えっ、こんな岩場、あったっけ?

IMG_3535_20130402144811.jpg


ってなヤギの戸渡しチックな岩場、滑ったら崖下で~す、、ってヤツを、
恐る恐る通過して、、

もしか道、間違えたんか?
ともよぎるけど、

道、間違えたって
もう、引き返すヒマないし、、

と、ひたすら駈けて、東峰に14時20分 、ヨカッタ、着いたわ。
着かいでか!

IMG_3543.jpg


所要時間40分のところを20分で来てしまった、

アハハ、やるじゃん。

でも、まだ油断はできない。

そこからはずっと丸太階段道だけど、、

とにもかくにも、一心不乱に駆け下りて、、しまいたいのは、ヤマヤマなれど、(笑)
花も見たいし、景色もええし、、、

誰にも会わん、貸切だし


IMG_3585.jpg


あ、あ、あ、困ったな、、


で、3回ガマンで、一回カメラ、、ってな頻度にとどめ、、

IMG_3567.jpg



ついに中山寺まで下りてきました。

風格あるぅ~

IMG_3601.jpg


感心してる場合ではない、
そこから先も、一目散、、


もう、駆けて駆けて、下って下って、あら、こんな道、だったっけか?
ともかすめながらも、

奇跡的に最短ルートを選んだようで、
まさに、火事場のバカ、、、窮鼠ヘソの、、なんとやら、、

やっと国道に出くわしたところで、おもむろに時計を出した、、


あれ? まだ16時じゃん。


ってことはつまり、今、ひとつ前の列車が出たとこで、
次の電車が、乗る予定の17時半

だから、、

この国道を、どんだけゆっくり、花見とかしながら歩いたとしても、、、


IMG_3622.jpg




青郷駅、、16時10分に、、
着いてしまった。(>_<)

IMG_3629_20130402150052.jpg


ま、そういう客もあろうかと、
駅には、立派な待合室が設置されてて(テレビもほしいぞー)


座布団付きの椅子に座ってお茶を、もう、何杯飲んだやら、、単行本も一冊、読み終え、、


不幸中の幸いと申しましょうかね
帰りの列車は京都周りでして



東舞鶴、綾部、園部、京都、尼と、しょっちゅう乗り換えしてたので
寝る間もない、 気が紛れて短く感じられたんじゃないかなと、、、

し、か、し、なんでこうなるねん?


ってなレポは、またいずれ、、(^^ゞ


スポンサーサイト
CM: 4
TB: --

コメント

なるほど!

青春キップの期限が近付いてくると、いろいろと苦労しますねぇ~
それも1時間か2時間に1本ぐらいしかない線を選ぶなんて
涙ものです(笑)

ミスミソウと、東峰のお堂の下でお経を唱えるのが目的だったかと?(爆笑)


でも、もう七回忌は過ぎてるけど。。(もうええってか?(^^ゞ)

魚屋 #5uE6dEgY | URL | 2013/04/03 07:22 * edit *

私の青葉山

青葉山、、、よせばいいのに雨模様の日に引っ張り出され、
聞いてないよの断崖絶壁綱渡り。
やっとの思いでたどり着いた東峰のお堂横に腰を下ろせば、
S氏より、つい先日までお堂の中に死人が居たとの、ありがたいお話。
なんちゅう所やねんと、原発景気で整備され過ぎた街道を、
あきれ果てながら帰ってきたという思いでしかござらんよ。
でも、もう一度行ってみてもいいなあ。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2013/04/03 07:46 * edit *

7年以上も前ですかぁ~(笑)

魚屋さん、
すいませんねぇ、いっつも山に行けてしまって、、
だ、か、ら、悩むんですよね~ v-397

最も気にするのは、列車の混みようですけれど、
まぁ、ダイヤのおかげガラガラで、(笑)

後は、ソースかつ丼の店が駅前にあれば、もう完璧!
やりませんか?来年あたり、そろそろヒマになるようなので、、(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/04/03 10:15 * edit *

そうですか、やっぱし

老師さま
そのS氏に引っ張りまわされ、ちゃう、連れてっていただいたのが炎天下、真夏の昼下がり。
雷雨を気にして東峰のお堂に腰を下ろし、えらいここ、ハエが多いなぁ、、まさか、背後に死体がいるとは。v-399 とまぁ、色々と感慨深いお山です。(笑)

最初のショックがデカすぎて、青葉山ではもう何があっても驚きませんけど、原発不景気?のおかげで、その街道もやがては廃道と化すのだろうか、、
ここはやっぱしS氏がヘシコ屋かカツ丼チェーン店を開くのを待つしかないですね。(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/04/03 10:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。