チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

悲願の登頂 

もう、何年になるかなぁ、、

「嘉茂助谷ノ頭に行こう!」

そう、Mちゃんと約束してから、、
「今年こそは!」と、年始のあいさつにも書くようになり、

下見?と称して、途中の堂倉山まで、、はたまた地池高までと
次第に距離を延ばしながら、

でも、見れば見るほど、知れば知るほど、
「このコース、めっちゃしんどいよなぁ、ゼッタイ迷うよなぁ、」

どんどん気持ちが萎えていく。


秋は日が短いからね、、
とか、今は、花が過渡期だから、
とか、明日は雷注意報が出てるから、
とか、今日はガスって、熊野灘が見えない、、

等々、

色々とナンクセつけては決行を延ばしてきた。


でも、
雨だった予報が突如、ピーカンまっ晴れに変わった昨日の日曜日。

もう、今日をおいていつ行くの?

ってな、好天の予報に後押しされて、

まるで、山が呼んでいるような気さえしてきて、


よっしゃ決行! (^O^)/


うっ、決めてしまった。(>_<)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前夜の内に、濃霧の大台ドライブウェイを、
鹿をはねそうになりながら、手に汗握って上がっていただき

駐車場に22時
ご苦労様、疲れたねぇ、、


早々に仮眠
といっても、興奮してるのと、強風と寒さに怯えて、ほとんど眠れず

翌朝4時に行動開始

菓子パンをお茶で流し込み

なかなか止みそうにない寒風にしびれを切らして、5時25分スタート

IMG_2610.jpg


以下、
堂倉山-地池高-嘉茂助谷ノ頭-林道-堂倉小屋-日出ヶ岳-駐車場

距離にして23キロ余


あんだけ準備したのに、
知ってるはずのルートを外して大慌て、ってな一幕もあったり、(^^ゞ

IMG_2630_20130513222005.jpg





それでも、雰囲気に慣れてきて
目に飛び込む光景に、何度も歓声を上げながら、


IMG_2691.jpg


IMG_2708.jpg


IMG_2740.jpg


IMG_7054_20130513222229.jpg



5時間ほどかかって、ようよう悲願!の嘉茂助谷ノ頭に登頂。


バンザーイ \(^o^)/

IMG_2801.jpg


展望の好い、隣りの与八郎高に戻って、
熊野灘を眺めながらランチ。

IMG_2814.jpg



後は、林道に下りて、堂倉小屋から日出ヶ岳まで登りきれば遊歩道を辿るだけ、、
もうちょっとやね。


しかし、そこからが地獄
とんでもない難所が待っていた。


あかん、行き止まりや!
と、何度もルートを修正、

IMG_2826.jpg


あかん、もうどっちにも行きようがない

半泣きになりながら
遭難するってこういうの? 


天を仰いで
心が折れそうになるのを、お互いで励ましあって



ようようの林道、、まで、全くの想定外の形で下りてきた。


助かった!

奇跡や。(笑)



放心状態で、1時間以上、、林道を歩く。(笑)

IMG_7125.jpg



そしてついに ラストスパート。

堂倉小屋から日出ヶ岳まで、ふらふらの身体に鞭打って
よーし、登るぞー!

IMG_2904_20130513222851.jpg



あっ 人だ!


登ってる途中で、3人のファミリーと会った。

なんと、朝、駐車場を出てから、人に出会ったのはこれが初めて。


どちらから?

とつとつとコースを話すと、案の定、驚愕されて、、
すいません、、

でも、こっちだって驚愕!


だって、そのファミリーは、
最近リニューアルしたばかりの下の粟谷小屋の管理人さんご家族、だったから。(笑)


是非、遊びに来てくださいねと、出来立てほやほや?のパンフレットを頂戴する。


IMG_2917.jpg





這うように日出ヶ岳の展望台によじ登り

IMG_2922.jpg



眼前に広がる、その景色、


あぁ、大峰やぁ、、大展望やぁ、、よかった、まだ健在で。ヽ(^o^)丿

IMG_2924.jpg



目を転じれば、今日一日、俯瞰していた熊野灘、、

そして、今日一日かけて辿っていた稜線が、手に取るように広がっていて

あれが地池高、あの膨らみが嘉茂助さん、、


IMG_2930.jpg



行けたんやねぇ、、


思い返せば夢のよう、、
あんなに辛かった経験も、いつかは楽しい思い出になる(いや、もうなっている?)


また行くん?

いや、きっと、また行きたくなるに違いない。(笑)


IMG_2942.jpg





スポンサーサイト
CM: 4
TB: --

コメント

無事でよかった

そちらの山域、まったくわからないのですが、女子ふたりでたいへんな冒険されたようで…
無事に戻ってこれてほんとによかったですね。

チーさん、見かけは病弱そのものなのに、タフな山歩きされますね~
私の肉わけてあげるから、チーさんのパワーわけてちょー!!

かみちゃん #m.2.LkcQ | URL | 2013/05/14 12:36 * edit *

脅かしてゴメン <(_ _)>

なんか、アカンのですよ、
ホットニュースは、興奮しまくりうまく書けない、
日が経つと、忘れまくってうまく書けない。(笑)

私には岐阜百山めざしてるかみちゃんの方が、かみ様に思える、って書いたら単に「ちゃん」を「様」に変えただけって? 違うけど。(笑)

確かに冒険! 私はアドベンチャーだから。
でもMちゃんはチャレンジャー 行くと言ったら行くのです。
いや、今回は遭難してでも前に進まな帰って来れんかった
なーんて書くとまた誤解を招くか、、うーん、、、v-390

何度も何度も行こうとしたから、行けたんだと思います、きっと。(^^ゞ

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/05/14 17:07 * edit *

いや、、すごいなー

その お山の名もしらず、、ですが 日出ヶ岳から下りはったんかな、、ぐらい。
無事帰還でよかったー★ ですね。-★

摩耶山さん歩 #nQ5bPT7s | URL | 2013/05/15 08:21 * edit *

いやいや、(^^ゞ

マピオンの地図に載ってないですね。大台の山と高原地図には記載がありますが、、眼下が尾鷲です。

えっと小屋から日出ヶ岳に登り返しました。小屋には行きたし、登りは辛し、、行きはよいよい、帰りは、、ってヤツです。(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/05/15 17:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。