チ#ブログ

きまぐれに綴った チーのひとり言です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

バリバリのバリバリ 

秋の日は、つるべ落とし、、

どんどん日が短くなる今日この頃、、

もう、この機を逃したら、、ってギリギリラインで

稲村ケ岳、バリバリルートを歩きてきました。
紅葉まつりの洞川渓谷をあえて? はずして、、(ほんまか)


今回たどったのは
クロモジ尾~稲村ヶ岳~バリゴヤの頭~毛敷谷(正しくは南谷)

稲村ヶ岳には、何度か行っているけど、今回は、バリバリのバリバリなので

知っているのは稜線で一般道と出合ってから稲村山頂までの30分間だけ
それ以外は、全て未踏。


このバリバリのバリバリを、
夏に南アルプスにご一緒して以来のMちゃんと、これまた1年ぶりのOさんの
3人で決行。

モチロン、前夜のうちに天川まで行って、、
これが、今年、お初の車中泊だったりするのだけれど、、(^^ゞ


G君2台
Mちゃんと二人、ポイントは打ってきたけど、
お互い、参考にしたレポが異なるので、多少?ポイントの位置がずれてたり、、

途中で強靭な石楠花ジャングルや、岩稜の難所が次から次へと現れて
ここは、どっちを進めばよいのだろうか、、

DSCN4407.jpg



はたまたどれを登ればよいのやら、、

DSCN4446.jpg


どこが道なんか、
さっぱりわからんとこもあり、

IMG_2572.jpg


マジでバリバリ泣きそう、もう笑うしかないってルートだった。

IMG_0414.jpg



トレイスや、マーキングから見て、逆コースの方が、よく歩かれてるとも思えるが
稲村~バリゴヤ の辺りが標高差から見て、こっちの方が楽だろうと地図読みしてくれ
時計回りすることになった。

何よりも、不安だったのは、時間配分で、
まさか、ヘッデンでバリを辿るわけにもいかず、、
最後の最後にルートファインディングエリアが出現して、顔面蒼白、、


一応、

スタートから山頂までで3時間
山頂からバリゴヤまでで、3時間弱
バリゴヤから、下山までで3時間
それに休憩を入れて、合計10時間弱

という計画をOさんが立ててくれていたので、頑張ってそれを目指そうと、、


実際には山頂までで景色に見惚れて15分の超過、、(笑)

IMG_2474_201311111100024da.jpg

山頂からは頑張って、バリゴヤの頭までで15分短縮、、

IMG_2632_thumb.jpg


でも、ここでランチタイムに寛ぎ過ぎて、(笑)

その後、必死のパッコで下っていって、下山したのが16時23分

まぁ、なんとか、日没までに下りてこれたし、、

DSCN4486a.jpg


デポした車も、明るいうちに取りに戻れたし、、

おかげおかげのバンバンザイ \(^o^)/





大峰のバリなんて、、無謀だと思う、、正直、私には、


でも、一般道では味わえない景色だとか、

IMG_2561.jpg


雰囲気だとか、、

IMG_2579.jpg


とりわけ、忘れた頃にひょっこり現れる大日山には
何度も感動させられる。

IMG_2425_20131111110001de2.jpg


IMG_2485.jpg


IMG_2575.jpg



また今回、お天気が下り坂だったにもかかわらず、予想以上の展望に恵まれて
それにも感動。

<金剛山の向こうに薄っすら六甲>
IMG_2551.jpg


はたまた、アテにしてなかった紅葉も、

IMG_2673.jpg


悲鳴を上げつつ楽しめたし、、(笑)

IMG_2684_2013111111032262c.jpg



ほんとうに
お二人のおかげで、忘れられない山行になった。


感謝、感謝!


詳しくは、またいずれ、、レポにいたします。<(_ _)>





スポンサーサイト
CM: 2
TB: --

コメント

やるねぇー。

摩耶山さん歩 #nQ5bPT7s | URL | 2013/11/13 22:39 * edit *

意外なところで、六甲の堰堤越えが役に立ちました。(笑)

チー #WcmT4hFA | URL | 2013/11/14 18:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。